真・黄門ちゃま

話題性もあった真・黄門ちゃま

パチスロ真・黄門ちゃまは、オリンピアが平和との合作機として4号機で人気のあったパチスロだよ黄門ちゃまの後継機として導入。

 

4号機の黄門ちゃまは、ストック機に加え確変機能も搭載していたパチスロ機として設置されていた当時は人気がありました。

 

その4号機時代の確変機能をRTループとして5号機の黄門ちゃまを作り、ホール導入前には雑誌などでも取り上げられていて話題にもなっていました。

 

ボーナスはビッグとレギュラーで構成されていて、ボーナス終了後には弥七チャレンジに突入してそこで特殊リプレイを引くと80ゲーム完走型の純増約0.9枚ある黄門チャンスに突入する仕組みになっていました。

 

黄門チャンスが終了すると再び弥七チャレンジに突入して、更なるRTループでのコインを獲得する期待ができ、ゲーム性としては楽しめる要素の多い機種です。

 

また天井機能で500ゲームでチャンスゾーンにはいり、黄門チャンスのRTを獲得できる事もあり、ハイエナ打法などで立ち回る人も多い機種でありました。

 

ただこの機種はボーナス合算も重かったので、RTをループさせるのが勝率に大きく左右しすぎていたので、設置されていても稼働率は低い印象のあったパチスロ機でした。